2018年11月一覧

NO IMAGE

XMで1億|チャートの変動を分析して…。

チャートの変動を分析して、売買するタイミングの判定を下すことをテクニカル分析と呼びますが、これさえできるようになれば、買うタイミングと売るタイミングを外すことも少なくなるでしょう。海外FXを始めるために、さしあたって海外FX口座開設をしてしまおうと考えたところで、「どういった順序を踏めば開設することが可能なのか?」、「何に重点を置いて会社を選択した方が良いのか?」などと困ってしまう人は少なくないようです。ここ最近は、いずれの海外FX会社も売買手数料を取るようなことはしていませんが、同様なものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドこそが事実上の海外FX会社の収益だと考えていいのです。シストレの一...

NO IMAGE

為替の流れも分からない状態での短期取引となれば…。

FX会社を比較するという時に確認しなければいけないのは、取引条件ということになります。FX会社により「スワップ金利」等々が違っているので、あなた自身の売買スタイルに沿うFX会社を、十二分に比較した上で絞り込んでください。デイトレードというものは、スキャルピングの売買間隔をそこそこ長めにしたもので、だいたい1~2時間から24時間以内に手仕舞いをするトレードを意味します。売りポジションと買いポジションを同時に所有すると、円安・円高のいずれに振れたとしても利益を狙うことが可能だということですが、リスク管理のことを考えますと、2倍神経を注ぐことが求められます。FX口座開設の申し込み手続きを終えて、審査...

NO IMAGE

申し込みをする場合は…。

デモトレードを実施するのは、主としてFX初心者の方だと想定されがちですが、FXのエキスパートと言われる人も率先してデモトレードを使うことがあると言います。例えば新しく考案したトレード手法の検証のためなどです。FXが日本中で物凄い勢いで拡大した主因が、売買手数料がビックリするくらい割安だということです。これからFXを始めようと思うのなら、スプレッドの低いFX会社を選定することも大事です。売買する際の金額に一定の差を設けるスプレッドは、FX会社の他に銀行でも別の名目で設定されています。しかもびっくりするかもしれませんが、その手数料がなんとFX会社の200倍くらいというところがかなりあります。申し込...

NO IMAGE

XMで1億|海外FXをやる上での個人に認められているレバレッジ倍率は…。

スイングトレードを行なうことにすれば、数日~数週間、長期の時は数ヶ月というトレード法になる為、連日放送されているニュースなどを見ながら、近い将来の世の中の動きを予想し資金を投入することができます。メタトレーダー4と呼ばれるものは、プレステもしくはファミコンなどの器具と同様で、本体にプログラムされたソフトを差し込むことによって、初めて海外FX取引をスタートさせることが可能になるのです。スワップポイントに関しては、「金利の差額」であると言えますが、リアルに手にできるスワップポイントは、海外FX会社に支払うことになる手数料を相殺した額だと考えてください。チャート調べる際に外せないと指摘されるのが、テ...