2018年08月一覧

NO IMAGE

FX会社を比較する際にチェックしなければならないのは…。

スワップポイントに関しては、ポジションをキープし続けた日数分供与されます。日々特定の時間にポジションをキープしたままだと、その時間にスワップポイントが貰えるようになっています。FX会社を比較する際にチェックしなければならないのは、取引条件ということになります。FX会社により「スワップ金利」などの条件が変わってきますので、あなた自身の売買スタイルに適合するFX会社を、きちんと比較した上でチョイスしてください。FXに取り組む際に、海外の通貨を日本円で買いますと、それなりのスワップポイントが貰えることになりますが、高い金利の通貨で低い通貨を買う場合、逆にスワップポイントを払わなければなりません。トレンドが分かりやすい時間帯を認識して、その波にとって売買をするというのがトレードにおける大原則だと言われます。デイトレードのみならず、「平静を保つ」「相場が荒れている時はポジションを持たない」というのは、どのようなトレード法を行なおうとも物凄く重要になるはずです。チャートを見る際に外せないと断言できるのが、テクニカル分析...

NO IMAGE

デイトレードをやるという時は…。

デイトレードであっても、「連日エントリーを繰り返し収益をあげよう」等とは考えないでください。良くない投資環境の時にトレードをして、挙句の果てに資金をなくしてしまっては何のためのトレードかわかりません。MT4で機能するEAのプログラマーは様々な国に存在しており、現在のEAの運用状況やユーザーの評価などを加味して、更に実用性の高い自動売買ソフトを提供しようとしのぎを削っています。初回入金額と申しますのは、FX口座開設が終わった後に入金しなければならない最低必要金額のことなのです。金額設定のない会社も見られますし、最低10万円といった金額指定をしている所も見受けられます。デモトレードと称されるのは、専用の通貨(仮想通貨)でトレードに挑むことを言います。300万円など、自分で勝手に決めた仮想資金が入金されたデモ口座が持てるので、本番と同様の状態でトレード練習ができるのです。システムトレードと呼ばれているものは、FXや株取引における自動売買取引のことであり、前もって規則を定めておいて、それに従う形でオートマチカルに「...

NO IMAGE

XMで1億|「デモトレードをいくらやろうとも…。

スイングトレードを行なう場合、PCの取引画面から離れている時などに、不意に大きな暴落などが発生した場合に対応できるように、事前に何らかの対策をしておかないと、取り返しのつかないことになります。スワップというものは、海外FX]取引における二種類の通貨の金利の違いから手にすることができる利益というわけです。金額から見れば大きくはありませんが、毎日貰えますから、非常にうれしい利益だと言えるのではないでしょうか?海外FXを始めるために、取り敢えず海外FX口座開設をしてしまおうと思っても、「どういった手順を踏めば開設が可能なのか?」、「何に重きを置いて海外FX会社を選択したらいいのか?」などと悩んでしまう人は多くいます。トレードに取り組む1日の中で、為替が大幅に変動するチャンスを狙って取引するというのがデイトレというわけです。スワップ収入が目的ではなく、1日毎に複数回取引を実行し、堅実に収益をあげるというトレード法だと言えます。テクニカル分析というのは、為替の時系列変化をチャート型式で示して、更にはそのチャートを前提...

NO IMAGE

デイトレードと言われるのは…。

売買する際の金額に少しばかりの差を設定するスプレッドは、FX会社だけじゃなく銀行においても別名で導入されているのです。しかも驚くことに、その手数料たるやFX会社の150~200倍というところが少なくないのです。スワップポイントに関しましては、ポジションを続けた日数分付与してもらえます。毎日既定の時間にポジションを有した状態だと、その時点でスワップポイントが加算されるというわけです。デイトレードと言われるのは、完全に24時間ポジションを継続するというトレードを意味するというわけではなく、本当のところはニューヨーク市場が終了する前に決済を完結させてしまうというトレードスタイルのことを言うのです。FX取引については、「てこ」みたいに小さい額の証拠金で、最大25倍もの取り引きができ、証拠金と現実の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と言っています。MT4で使用できる自動売買プログラム(略称:EA)の考案者は全世界に存在していて、その時々の運用状況又は意見などを踏まえて、最新の自動売買ソフトの研究開発に精進しています。...

NO IMAGE

トレードの戦略として…。

儲ける為には、為替レートが注文時のものよりも好転するまで待機する他ないのです。この状態を「ポジションを保有する」と言っているのです。スプレッドというのは、FX会社それぞれバラバラな状態で、プレイヤーがFXで収益をあげるためには、スプレッド幅が僅少である方がお得になるわけですから、その部分を加味してFX会社を選定することが必要だと言えます。それほど多額ではない証拠金により高額な取り引きが可能なレバレッジではありますが、期待している通りに値が進めば相応の儲けを手にすることができますが、逆の場合は一定のマイナスを出すことになります。私の主人はだいたいデイトレードで取り引きをやっていましたが、この半年くらい前からは、より収益を出すことができるスイングトレード手法を取り入れて取り引きしています。FXを行なう時に、国外の通貨を日本円で買いますと、金利差に応じてスワップポイントが供されますが、金利が高い通貨で低い通貨を買う場合、残念ながらスワップポイントを払わなければなりません。FX口座開設の申し込み手続きを終了して、審...

NO IMAGE

チャートの時系列的変化を分析して…。

チャートの時系列的変化を分析して、売買するタイミングを決めることをテクニカル分析というわけですが、これさえできれば、売買すべきタイミングも分かるようになることでしょう。初回入金額と言いますのは、FX口座開設が終了した後に入金しなければいけない最低必要金額のことなのです。金額設定のない会社も見られますが、50000とか100000円以上という様な金額設定をしている会社も多々あります。FXに関する個人に向けたレバレッジ倍率は、従来は最高が50倍だったことを思えば、「現段階での最高25倍は低く見えてしまう」と言われる方が存在するのも当然ですが、25倍だと言えども十分な利益確保は可能です。ビックリしますが、同じ1円の変動でありましても、レバレッジ1倍ならば1万円の損益なのですが、10倍でしたら10万円の損益になります。わかりやすく言うと「レバレッジを欲張れば欲張るほど損失が出る危険性も高まる」ということなのです。売買については、何でもかんでも手間をかけずに実行されるEA自動売買ではありますが、システムの検討や改善は...

NO IMAGE

XMで1億|スキャルピングとは…。

トレンドが一方向に動きやすい時間帯を認識して、すかさず順張りするというのがトレードを進める上での肝になると言えます。デイトレだけに限らず、「平静を保つ」「相場がどっちに転ぶかわからない時は引く」というのは、どういったトレード法でやるにしても忘れてはならないポイントです。こちらのHPでは、手数料やスプレッドなどを足した実質コストにて海外FX会社を比較一覧にしております。言うまでもないことですが、コストに関しましては利益に影響をもたらすので、きちんと確認することが肝心だと言えます。「デモトレードを何度やろうとも、実際のお金で痛い目に遭うわけではないので、気持ちの上での経験を積むことが困難だ!」、「現実のお金で売買してみて、初めて経験が積めるのだ!」と主張される方もいます。デモトレードを始めるという時は、FXに求められる証拠金がデモ口座(仮想の口座)に、数百万円という単位で仮想マネーとして用意されます。メタトレーダー4をパーソナルコンピューターにセットアップして、ネットに接続させたまま休むことなく動かしておけば、...

NO IMAGE

外国為替取引関連用語であるポジションと言いますのは…。

売りポジションとロングポジション双方を同時に所有すると、為替がどのように動こうとも利益を出すことが可能だということですが、リスク管理の面から申し上げますと、2倍神経を注ぐ必要が出てきます。初回入金額と申しますのは、外国為替取引口座開設が済んだ後に入金することになる最低必要金額のことです。金額設定のない会社も存在しますが、50000とか100000円以上といった金額指定をしている会社も稀ではありません。FX取引につきましては、まるで「てこ」のように少額の証拠金で、最大25倍もの取り引きが許されており、証拠金と実際の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と称するのです。「各外国為替取引会社が提供するサービスを調査する時間を確保することができない」という方も多いと思われます。そういった方に活用いただく為に、それぞれが提供しているサービスで外国為替取引会社を比較した一覧表を掲載しています。スワップポイントについては、「金利の差額」だと思っていただければと思いますが、実際のところ獲得できるスワップポイントは、外国為替取引...

NO IMAGE

証拠金を担保にある通貨を買い…。

証拠金を担保にある通貨を買い、そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」というふうに言います。その一方で、保有し続けている通貨を決済してしまうことを「ポジションの解消」というふうに言います。スプレッド(≒手数料)は、一般的な金融商品と照らし合わせると、ビックリするくらい安いです。正直申し上げて、株式投資の場合だと100万円以上の取り引きをしますと、1000円前後は売買手数料を支払う羽目になります。スキャルピングを行なう場合は、わずかな値幅でも手堅く利益をあげるというメンタリティが求められます。「まだまだ高騰する等という思いは排すること」、「欲張る気持ちを捨てること」が重要なのです。「忙しいので日常的にチャートを閲覧するなんて無理だ」、「為替変動にも影響する経済指標などを即座に目視できない」というような方でも、スイングトレードであればまったく心配することはありません。FX口座開設の申し込みを終了し、審査に合格すれば「ログイン用のIDとパスワード」が郵送にて送られてくるというのが通常の流れだと言えますが...

NO IMAGE

スワップポイントというものは…。

5000米ドルを買ってそのままにしている状態のことを、「5000米ドルのロングポジションを持っている」と言います。無論のことドル高に為替が変動した場合には、即ショート決済をして利益を確保します。日本と比べて、海外の銀行金利の方が高いという理由から、スワップ金利が与えられるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、外国為替取引をすると付与されるスワップ金利になります。スワップポイントというのは、「金利の差額」であると考えていいのですが、手取りとしてもらうことができるスワップポイントは、外国為替取引会社の儲けである手数料を差し引いた額になります。今日この頃は、どの外国為替取引会社も売買手数料は0円となっていますが、その代わりのものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドが実際の外国為替取引会社の利益になるわけです。儲ける為には、為替レートが注文した時点のものよりも良い方向に向かうまで待つしかないのです。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。スプレッドと申しますのは外貨を買う時と...

NO IMAGE

「売り・買い」については…。

FXで稼ぎたいなら、FX会社を比較して、その上で銘々の考えに沿う会社を選定することが必要だと考えます。このFX会社を比較するという状況で大事になるポイントをご説明したいと思います。スキャルピングというトレード法は、どちらかと言うとイメージしやすい中・長期の経済的な変動などは意識せず、互角の勝負を即効で、かつ際限なく継続するというようなものだと言えます。レバレッジと申しますのは、FXにおきまして絶対と言っていいほど効果的に使われるシステムだとされますが、投下できる資金以上のトレードが可能だということで、僅かな額の証拠金で大きな儲けを出すこともできなくはないのです。トレンドがはっきり出ている時間帯を見極め、そのトレンドに乗って売り買いをするのがトレードをやる上での最も大切な考え方です。デイトレードはもとより、「機を見る」「得意とする相場パターンで売買する」というのは、どんなトレード法に取り組もうともとても大事なことです。FXが男性にも女性にも驚くほどのスピードで拡散した素因の1つが、売買手数料の安さだと言えます...

NO IMAGE

私も十中八九デイトレードで取り引きをやっていたのですが…。

スワップポイントに関しては、ポジションをキープし続けた日数分供与されます。毎日特定の時間にポジションを有した状態だと、その時点でスワップポイントがプラスされます。売り買いする時の金額に若干の差を設けるスプレッドは、FX会社ばかりか銀行でも異なる呼び名で設定されているのです。しかもふざけるなと言いたくなるくらいで、その手数料がなんとFX会社の200倍前後というところがかなり見られます。MT4は全世界で非常に多くの人に活用されているFX自動売買ツールだという背景もあり、自動売買プログラムのタイプがたくさんあるのも特徴の1つです。私も十中八九デイトレードで取り引きをやっていたのですが、ここに来てより儲けの大きいスイングトレードを利用して売買を行なうようにしています。スイングトレードを行なうと言うのなら、いくら短期だとしても3~4日、長い場合などは数ヶ月にも亘るような戦略になりますから、常日頃のニュースなどを踏まえて、将来の経済情勢を予測し資金投入できます。FX口座開設の申し込み手続きを完了して、審査でOKとなった...

NO IMAGE

今日この頃は…。

FXでは、「外貨を売る」ということから取引をスタートさせることも普通にありますが、このように外貨を持たずに「外貨を売った状態」のことも、「ポジションを持っている」と言います。スプレッドと言いますのは、為替レートにおける「買値と売値の差額」のことを意味します。このスプレッドこそがFX会社の収益であり、FX会社次第で設定額が異なっているのが一般的です。デモトレードと称されるのは、仮想の資金でトレードを体験することを言うのです。500万円というような、あなた自身で指定した架空の元手が入金されたデモ口座が作れますので、実際のトレードと同一環境で練習ができます。FX取引を行なう際に出てくるスワップと言われているものは、外貨預金でも貰える「金利」と同じようなものです。しかしながら全然違う点があり、この「金利」は「貰うこともあれば徴収されることもある」のです。「FX会社毎に提供するサービスの内容を把握する時間が滅多に取れない」と言われる方も多々あると思います。それらの方にお役立ていただきたいと、それぞれの提供サービスでF...

NO IMAGE

デイトレードと言われているものは…。

デイトレードと言われているものは、スキャルピングの売買の間隔をそこそこ長くしたもので、概ね3~4時間から1日以内に手仕舞いをしてしまうトレードだと指摘されています。テクニカル分析と申しますのは、為替の時系列変化をチャートの形で図示して、更にはそのチャートを踏まえて、極近い将来の為替の動きを予測するという分析方法なのです。これは、いつ売買すべきかを把握する時に役に立ちます。FX口座開設の申し込みを済ませ、審査にパスすれば「ログインIDとパスワード」が届けられるというのが通例だと言えますが、何社かのFX会社は電話を通して「内容確認」をしています。レバレッジと言いますのは、入金した証拠金を資金として、最大その額面の25倍の「売り・買い」が許されるという仕組みのことを言います。例えば50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけるとしますと、1000万円の売買が可能なのです。FX口座開設自体は無料の業者ばかりなので、ある程度時間は必要としますが、複数個開設し現実に取引しながら、ご自身にピッタリのFX業者を選んでく...

NO IMAGE

FXに纏わることを検索していくと…。

FXに纏わることを検索していくと、MT4というワードに出くわすはずです。MT4と申しますのは、料金なしで使うことが可能なFXソフトのネーミングで、使い勝手の良いチャートや自動売買機能が実装されている取引ツールのことを指すのです。EA自動売買と言いますのは、人間の感覚とか判断を排除することを狙ったFX手法になりますが、そのルールをセットするのは人というわけですから、そのルールが長い間収益を齎してくれることはほぼ皆無だと思っていてください。レバレッジと申しますのは、FXをやり進める中でいつも利用されるシステムだと思われますが、投入資金以上の取り引きができますので、小さな額の証拠金で物凄い収益を手にすることも可能だというわけです。「売り買い」する時の価格に少しばかりの差を設定するスプレッドは、FX会社のみならず銀行でも違う名称で取り入れられています。しかもびっくりするでしょうが、その手数料たるやFX会社の150~200倍というところが結構存在します。全く同じ1円の値幅だとしても、レバレッジ1倍ならば1万円の損益に...