システムトレードについても…。

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

FXの最大のウリはレバレッジに違いありませんが、十分に腑に落ちた状態でレバレッジを掛けるようにしないと、ひとえにリスクを上げるだけになると言えます。
スプレッドと呼ばれる“手数料”は、それ以外の金融商品と比べましても、かなり破格だと言えるのです。正直に申し上げて、株式投資なんかは100万円以上の「売り・買い」をすれば、1000円程は売買手数料を取られます。
システムトレードについても、新たに「売り・買い」を入れるという時に、証拠金余力が必要となる証拠金額未満の場合は、新たに発注することは認められないことになっています。
「デモトレードを実施してみて儲けられた」と言われても、実際のリアルトレードで利益を得ることができるかはやってみないとわからないのです。デモトレードの場合は、やはりゲーム感覚でやってしまいがちです。
スプレッドと呼ばれるものは、FX会社各々異なっており、ご自身がFXで稼ぐためには、いわゆる「買値と売値の差」が僅かである方が有利ですから、この部分を前提条件としてFX会社を1つに絞ることが大切だと思います。

昨今のシステムトレードの内容を精査してみますと、他のFXトレーダーが立案した、「着実に収益を出し続けている売買ロジック」を加味して自動的に売買が完結するようになっているものが多いようです。
スキャルピングの攻略法は様々ありますが、いずれもファンダメンタルズ関係は排除して、テクニカル指標だけを利用しています。
テクニカル分析と称されるのは、相場の変遷をチャートで表わし、更にはそのチャートをベースに、これからの相場の値動きを読み解くという分析方法なのです。このテクニカル分析は、取り引きすべきタイミングを計る時に行ないます。
FX会社の収益はスプレッドが齎しているのですが、例を挙げますと豪ドルと日本円を売買する場合、FX会社はカスタマーに向けて、その2通貨間の購入時と売却時の為替レートを適用するのです。
MT4専用の自動取引プログラム(EA)のプログラマーは世界中のいろんな国に存在しており、リアルな運用状況または使用感などを基に、より利便性の高い自動売買ソフトの研究開発に精進しています。

システムトレードというものは、そのソフトウェアとそれを着実に稼働してくれるパソコンがあまりにも高級品だった為、古くはそれなりに裕福なトレーダーだけが行なっていました。
トレードの戦略として、「一方向に変動する短い時間に、少なくてもいいから利益を絶対に掴みとる」というのがスキャルピングというわけです。
相場の変化も理解できていない状態での短期取引となれば、うまく行くとは思えません。何と言っても、それなりの知識とテクニックが要されますから、いわゆる新参者にはスキャルピングはハードルが高すぎます。
5000米ドルを買って保有したままになっている状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」というふうに言います。当然ですがドル高になった時には、即売り決済をして利益をものにしましょう。
まったく一緒の通貨でありましても、FX会社次第でもらうことができるスワップポイントは違ってくるのが普通です。FX情報サイトなどで丁寧に確認して、可能な限り得する会社を選ぶようにしてください。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする