スワップポイントというものは…。

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

5000米ドルを買ってそのままにしている状態のことを、「5000米ドルのロングポジションを持っている」と言います。無論のことドル高に為替が変動した場合には、即ショート決済をして利益を確保します。
日本と比べて、海外の銀行金利の方が高いという理由から、スワップ金利が与えられるのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、外国為替取引をすると付与されるスワップ金利になります。
スワップポイントというのは、「金利の差額」であると考えていいのですが、手取りとしてもらうことができるスワップポイントは、外国為替取引会社の儲けである手数料を差し引いた額になります。
今日この頃は、どの外国為替取引会社も売買手数料は0円となっていますが、その代わりのものとしてスプレッドがあり、そのスプレッドが実際の外国為替取引会社の利益になるわけです。
儲ける為には、為替レートが注文した時点のものよりも良い方向に向かうまで待つしかないのです。この状態を「ポジションを保有する」と表現するのです。

スプレッドと申しますのは外貨を買う時と売る時の価格差のことで、FX会社のショート上げになる売買手数料とも言えるものですが、外国為替取引会社各々が独自にスプレッド幅を設けています。
FX会社が獲得する利益はスプレッドが齎すことになるのですが、例えて言うと香港ドルと日本円を取り引きする場合、FX会社はお客様に対して、その海外通貨を購入する時と売却する時の為替レートを適用し、その差額を手数料とするのです。
外国為替取引口座開設につきましては無料としている業者が大部分を占めますから、当然時間は必要としますが、3つ以上開設し現実に使用しながら、あなた自身にフィットする外国為替取引業者を選んでください。
外国為替取引取引の進め方も個人毎に異なりますが、一番取り組んでいる人が多い取引スタイルだと言われるのが「デイトレード」なのです。毎日毎日得られる利益を地道に押さえるというのが、このトレード手法です。
外国為替取引がトレーダーの中であれよあれよという間に広まった素因の1つが、売買手数料の安さだと言えます。今から外国為替取引をスタートすると言うなら、スプレッドの低い外国為替取引会社をチョイスすることも大事になってきます。

デイトレードの利点と申しますと、次の日まで保有することなく例外なく全部のポジションを決済するわけですので、その日の内に成果がつかめるということだと言えるでしょう。
スワップポイントというものは、ポジションをキープし続けた日数分享受することができます。毎日か会う呈された時間にポジションを保有した状態だと、その時間にスワップポイントがプラスされます。
デイトレードをやるという時は、どの通貨ペアでトレードするかも大切だと言えます。はっきり申し上げて、変動のある通貨ペアを取り扱わないと、デイトレードで利益をあげることは無理だと言えます。
スイングトレードを行なうと言うのなら、どんなに短期だとしても数日間、長い時は数ヶ月という売買法になりますので、いつも発信されているニュースなどを視聴しながら、数ヶ月単位の世界経済の状況を推測しトレードできるというわけです。
「デモトレードに取り組んで儲けることができた」とおっしゃっても、実際上のリアルトレードで利益を得ることができるかは全くの別問題だと思います。デモトレードについては、やはりゲーム感覚になることがほとんどです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする