レバレッジ規制と海外FX業者XM

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

数ある取引の中でも手軽かつ動きが速いという理由から特に人気が高いのがFXですが、それまでの様相を変化させるきっかけになったのが

2011年から整備された規制

です。
2011年に行われた規制はレバレッジ設定と呼ばれる法律であり、設定された事により一個人が取引をする際にレバレッジの最大値が25倍までと定められてしまいました。
そのため、FXを行っていた方にとっては利便性が小さくなってしまい自由度も低くなってしまったのですが、レバレッジ設定が行われているのは国内の業者に限った話なので、海外に目を向けると国内では効力がある法律が一切効力を発揮しなくなります。
つまり、あえて国外の海外FX業者の口座開設に目を向ければ国内にて規制が始まる前と同様の取引が行えるようになるため、国内では25倍しかかけられない事例でも1000倍もかけられます。
他にもレバレッジ設定は証拠金にも影響を及ぼしており、国内の業者に対しては最低でも40万円を用意しなければならないものの、海外FX業者では最低で1万円で済むので投資家は小さな負担で引き続き取引が行えます。
また、国内の業者と海外FX業者では取引をする方法についても大きな差異点があり、国内ではOTC取引と呼ばれる店頭取引をする必要に迫られるのですが、

海外業者ではECN取引

という電子取引所が用いられます。
結果的には取引という同じ結果になるのですが、店頭取引の場合はたとえ正確に注文をしてもトレーダーが要望通りに売買をしてくれない場合があります。
一方の電子取引所による取引ではトレーダーが要望した通りに売買をしてくれるので、投資をするトレーダーは疑わしい気持ちを抱く事なくトレードに集中する事ができます。
そのように受け付けをした業者がトレーダーの要望通りに処理を行ってくれないのは、

投資家が利益

を出してしまうと胴元である業者にとって損失になってしまう事が影響しており、企業としての経営を守り利益を上げるべく要望とは異なる処理をしています。
当然手法や実例は公表されていないのですが主な手法はレートをずらしたりストップ狩りをするといったもので、他にも故意にシステムをダウンさせてしまうといった事も行われています。
そうした実情を知れば海外FX業者にとっても同じ事が当てはまるように感じられますが、海外FX業者は根本的に理念が異なっており注文に間違いのない売買を実行する事で、信頼性と取引量が増えて仲介手数料も増幅し利益が増えると考えているためです。

FXウェブサイト紹介

海外FX口座開設 ランキング

XMトレード実践ブログ最新記事紹介

https://fx-kaigai-trade-blog.com/




NO IMAGE

今日この頃は…。

FXでは、「外貨を売る」ということから取引をスタートさせることも普通にありますが、このように外貨を持たずに「外貨を売った状態」のことも、「ポ...

NO IMAGE

スキャルピングとは…。

デイトレードと申しますのは、取引開始から24時間ポジションを継続するというトレードのことではなく、実際のところはニューヨークのマーケットの取...