外国為替取引口座開設の申し込みを済ませ…。

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

EA自動売買においては、自動売買プログラム(EA)に従ってテクニカルポイントがやって来た時に、システムが確実に「ショート」と「ロング」を行なってくれるのです。とは言っても、自動売買プログラム自体は投資を行なう人がセレクトしなければなりません。
大体の外国為替取引会社が仮想通貨を使った仮想売買(デモトレード)環境を一般に提供しております。あなた自身のお金を使うことなくデモトレード(トレード練習)が可能ですので、前向きにトライしてみることをおすすめします。
外国為替取引口座開設の申し込みを済ませ、審査でOKとなったら「ログイン用のIDとパスワード」が簡易書留郵便などで届くというのが基本的な流れですが、若干の外国為替取引会社は電話を通して「内容確認」をします。
5000米ドルを購入して保持したままでいる状態のことを、「5000米ドルのロングポジションを持っている!」と言います。当然のことですがドル高に振れたら、直ぐに売って利益を確保します。
スイングトレードと申しますのは、トレードを行なうその日のトレンドに結果が決定づけられる短期売買と比較してみても、「それまで為替がどの様な値動きをしてきたか?」といった分析が影響を及ぼすトレード方法だと言っていいでしょう。

売買価格に少しばかりの差を設定するスプレッドは、FX会社はもとより銀行でも別の名前で設定されています。しかもふざけるなと言いたくなるくらいで、その手数料というのが外国為替取引会社の150~200倍というところが少なくないのです。
外国為替取引取引に関連するスワップと称されるものは、外貨預金でも与えられる「金利」みたいなものです。とは言うものの全く違う部分があり、この「金利」と申しますのは「受け取るばかりじゃなく徴収されることだってある」のです。
ポジションについては、「ロングポジション」と「ショートポジション」があるのですが、このポジションとは、ショートロングをしたまま約定せずにその状態を維持している注文のことです。
EA自動売買につきましては、そのソフトウェアとそれを間違えずに稼働させるPCが安くはなかったので、かつてはそれなりに余裕資金を有している投資プレイヤーのみが実践していたのです。
実際は、本番のトレード環境とデモトレード環境では、本番トレード環境の方が「毎回のトレードあたり1pips程度利益が減少する」と理解した方が間違いありません。

私の知人は概ねデイトレードで売買を繰り返して来きたのですが、近頃はより利益を獲得できるスイングトレード手法にて取り引きを行なうようになりました。
EA自動売買に関しては、人間の情緒や判断を敢えて無視するための外国為替取引手法の1つですが、そのルールを考えるのは利用者自身ですから、そのルールが半永久的に利益をもたらすわけではないので注意しましょう。
スイングトレードを行なうことにすれば、どんなに短いとしても2~3日、長期という場合には何カ月にも及ぶといった戦略になりますので、いつも発信されているニュースなどを視聴しながら、数日から数ヶ月タームの世界的な経済情勢を予想し資金を投入することができます。
スプレッドと呼ばれるものは、外国為替取引会社によってバラバラな状態で、ユーザーが外国為替取引で収入を得るためには、ロングのレートとショートのレートの差が僅少である方が得することになるので、それを勘案して外国為替取引会社を選抜することが重要だと言えます。
驚くなかれ1円の変動であっても、レバレッジが1倍の時は1万円の損益になるというわけですが、10倍なら10万円の損益になるわけです。すなわち「レバレッジが高ければ高いほどリスクも高まる」ということです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする